菌や微生物と聞くとどんなイメージでしょう?
何となく、ばい菌とかネガティブなことを想像する人も多いのでは?
私もはじめは良い印象を持っていませんでした。
hakkou2

菌や微生物が食べ物にくっつくと。。。腐っちゃう。。。異臭とか腹痛とか嫌なコトを連想しちゃいます。
でも、実際は違うんですよねー。
微生物にもいろいろな種類があって、食物にくっついて、その食物を食べて分解して微生物は増えていく。その過程で食物に変化が起こるシステムは同じだけど、結果は大きく異なる。
発酵か腐るかは微生物の種類によるのですね。
食べ物を美味しくしてくれる微生物(発酵する)もいれば、害になる微生物(腐る)もいるってことですね。
(どの世界にも善と悪は存在するのね~と不思議と納得しちゃった私。)
簡単に言えば、分解の際に”酵素”というものをつくり、食物が美味しく変化することを”発酵”というのですね。

目に見えない微生物の働きを応用して作られる”発酵食品”。
まるで魔法のような変化にきっと初めて発見した人たちは驚いたことでしょう。
起源は様々だろうけど、微生物の性質をよく観察し、試作と知恵を重ね、今たくさんの発酵食品がこの世の中には存在しているんだな~と思うと、先人の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

もっといろいろな発酵食品に出会いたいな~。



にほんブログ村 健康ブログへ